〜国道1号線踏破(3) 岡崎・豊橋編〜
(2009年05月09日〜2009年05月10日)

東海道五十三次ではなく、国道一号線踏破の旅も第3弾。今回は宮宿のあった名古屋市熱田区から、岡崎市、豊橋市までの60余キロを歩いた。


大きな地図で見る
今回の旅マップ

1.宮から岡崎

午前4時起床。三ノ宮の普通電車に乗り込んだのが5:22。そこから大阪で快速に乗り換え、米原で大垣行に乗り換え、大垣から特別快速で名古屋へ。名古屋から普通電車で熱田で下車。到着は9:36。まず、熱田神宮に参拝。この日はちょうど、熱田講社春季大祭が行われることになっていて、地元政治家などが多数集まっていた。拝殿は創祀千九百年ということで改修中。特別参拝で御垣内の中で参拝することができた。無事に旅を終えることができますように。

熱田神宮南の交差点(日本橋まで358.5キロ)から旅はスタート。市内は幹線道路なので車が多い。少し歩くと新堀川にかかる橋に達するがここは歩道がなくて、徒歩・自転車は迂回しなければならなかった。その後、八丁畷の松田橋跡を右折。高速道路の下を歩いて行く。

さらに歩き続けると桶狭間。古戦場跡がわずかに残っていて今は公園になっている。そういえば、この古戦場跡で「水曜どうでしょう」という番組の収録をしていたように記憶しているが、案外都会の真ん中にあるのだなあ。すぐ隣に中京競馬場があった。このあたりのファミリーマートでパスタを食べた。

ひたすら歩いていると、アスファルトが足を焼いてくる。昔の東海道であれば、土の道だったのだろうが、表面温度も適当で多くの人が歩いて固められているから歩きやすかったのだろう。一方、現在の道路は固いアスファルトが敷かれていて、車や自転車は走りやすいのだが、長時間歩くには不向きなのだ。足への負担が大きく、路面も熱を持つ。人通りが少ないところでは石ころも多く、間違って踏むと足の裏に刺さるような感触になる。昔のように移動手段が歩きから車になることで、道路に対する需要も代わってきたのだろう。道を歩くためのインフラとして利用する人が増えないと改善はされないのだろうと思うが。

そんなことを考えて、岡崎市内に到着した。岡崎市のシンボルは岡崎城。あの家康が生まれた城なのだ。全国的に有名というほどではないのだろうが。天守閣が復元されているが、到着がわずかに遅かったので中に入ることはできなかった。

岡崎で割安なビジネスホテルに宿泊。

熱田神宮
熱田神宮・ここからスタート!

松田橋
松田橋・今は川がありません

桶狭間
桶狭間・古戦場跡です

桶狭間
桶狭間・向こうに周辺図がありました

岡崎城
岡崎城・家康の遺言は感動です

岡崎市街
岡崎市街・ホテルから。。

岡崎サンホテル
岡崎サンホテル・安くても朝食付きでした

2.岡崎から豊橋

2日目は9時に出発。岡崎市は名古屋に近いだけあって都会。旧東海道は市内を27回も曲がるクネクネ道になっていて、二十七曲がりと呼ばれていたらしい。城下町なので敵が容易に入って来られないようにするためだ。現代の1号線は合理的に直線ルートになっている。

岡崎市を出ると、街は途切れる。郊外といった感じの道が続く。途中、藤川宿があるが、鉄道(JR東海道本線)がより南のルートになったことから、このあたりは明治維新後急速に衰退したのだそうだ。名鉄が走っているが、利用者は多くはないのだろう。

さらに歩くと、御油。ここも東海道では栄えた宿で、本陣もあった。今は資料館があるのみで観光としての御油宿はあまり魅力がなくなっている。東海道五十三次は日本に53しかない観光資源。それぞれの地方で活用して欲しいと思う。

さて、御油を過ぎればもうすぐ豊橋。吉田大橋を渡って、西八町交差点で今回の旅は終了。296.5キロポストが終着点になった。

すぐ近くに吉田城があったが、城址となっており、櫓が復元されているが公園として憩いの場になっていた。市電に乗り、豊橋駅へ。近くの銭湯で汗を流してから駅ビルで弁当を買って帰りの電車へ。豊橋から米原までの新快速、米原から三ノ宮までも新快速と順調に乗り継いで4時間ほどで帰ることができた。

まだまだ旅は続く。

藤川宿
藤川宿・風情ある常夜灯と松並木です

藤川宿
藤川宿・今は学校がある通学路

御油宿
御油宿・普通な町になってました

御油宿
御油宿・本陣跡。跡地は工場になっていました

吉田城
吉田城・櫓跡だそうです

3.今回のキロポスト

358.5キロ 358キロ 357キロ 356キロ
358.5キロ、358キロ、357キロ、356キロ

355キロ 354キロ 353キロ 352キロ
355キロ、354キロ、353キロ、352キロ

351キロ 350キロ 349キロ 348キロ
351キロ、350キロ、349キロ、348キロ

347キロ 346キロ 345キロ 344キロ
347キロ、346キロ、345キロ、344キロ

343キロ 342キロ 341キロ 340キロ
344キロ、342キロ、341キロ、340キロ

339キロ 338キロ 337キロ 336キロ
339キロ、338キロ、337キロ、336キロ

335キロ 334キロ 333キロ 332キロ
335キロ、334キロ、333キロ、332キロ

331キロ 330キロ 329キロ 328キロ
331キロ、330キロ、329キロ、328キロ

327キロ 326キロ 325キロ 324キロ
327キロ、326キロ、325キロ、324キロ

323キロ 322キロ 321キロ 320キロ
323キロ、322キロ、321キロ、320キロ

319キロ 318キロ 317キロ 316キロ
319キロ、318キロ、317キロ、316キロ

315キロ 314キロ 313キロ 312キロ
315キロ、314キロ、313キロ、312キロ

311キロ 310キロ 309キロ 308キロ
311キロ、310キロ、309キロ、308キロ

307キロ 306キロ 305キロ 304キロ
307キロ、306キロ、305キロ、304キロ

303キロ 302キロ 301キロ 300キロ
303キロ、302キロ、301キロ、300キロ

299キロ 298キロ 297キロ 296.5キロ
299キロ、298キロ、297キロ、296.5キロ

旅のノート

5/0910:00名古屋市熱田区 残り358.5キロからスタート
 18:00岡崎市 残り440.6キロ 岡崎サンホテル泊
5/109:00岡崎市 残り440.6キロからスタート
 16:30豊橋市 残り296.5キロでゴール
 23:30帰宅